イエイ不動産査定の評判や比較!イエイについて徹底的にまとめてみた!

不動産を高く売却したいという人向けにおすすめのサービス「イエイ」。
「イエイ」とは、不動産無料一括査定サイトのことで、複数の不動産会社で売りたい物件の査定が手軽に受けられるサービスです。

最近では利用者も増えてきており、優良会社が多いということでも注目を集めています。
しかし、不動産売却では高額な取引が行われるので、慎重な判断が必要なもの。

  • 一括査定サイトを信用していいの?
  • 他の不動産一括サイトと比べてどうなの?
  • イエイが自分に合っているの?

などと、不動産一括サイトやイエイに対して疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、不動産一括サイト「イエイ」の特徴や、実際に利用した人の口コミなどを徹底調査してみました。
イエイを利用するかどうか検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

イエイの口コミ

ではまず、イエイに対しての口コミを見てみましょう。
ネット上ではイエイの口コミがたくさん寄せられているので、良い口コミもあれば、悪い口コミがあったのも事実。

ここでは、包み隠さず悪い口コミもしっかりご紹介いたします。

イエイの良い口コミ

30代 男性 戸建て

以前、不動産の売却をしたことがあったのですが、思っていたような値段では売却してもらえず。値段も高い取引になるので妥協はしたくないなと思い、いくつか回ったところ一番高くで売却してもらえたのがイエイでした。対応などもすごくよく安心して売却することができたのでよかったです。

 

40代 女性 マンション

転勤になり、今住んでいるマンションを売却しなくてはならなくなりイエイを利用しました。ローンもまだ残っていたので売却してもらえるのか不安でしたが、イエイでは売却することができました!売却額も高かったので、そのお金で残りのローン金を完済することができたので本当によかったです。担当してくださった営業の方のおかげです♪

 

 

30代 女性 土地

初めて不動産売却をしてもらいました。忙しくて、業者の方と直接お会いしてお話する時間が取れそうにもなかったのですが、イエイはメールでのやりとりが可能とのことでとても助かりました。担当してくださった営業の方もとても丁寧で、こちらの予定に全て合わせていただけたのもよかったです。今後、また不動産売却をする機会がありましたらよろしくお願いします。

 

 

40代 男性 戸建て

ずっと放置していた物件をまとめて売却してもらいました!イエイを利用したのは、一括査定の評判が高かったので利用することに!すぐに売却は不安だったので、査定だけお願いしてみたところ、どの物件も買取相場以上の値段での売却になったので驚いています。

イエイの悪い口コミ

 

50代 男性 マンション

参加している不動産会社が多かったので今回お願いしました。実際利用してみたところ、電話がしつこい業者が多くて驚きました。良い業者もありましたが、全体的にしつこい業者が多かったのでうんざり。イエイ事態の対応はよかったので、このような業者を排除する制度なんかも整えてほしいなと思います。

 

 

40代 女性 戸建て

諸事情により、家を手放さなければならなくなりました。ネットで不動産売却について検索してみたところ上位にでてきたイエイにお願いしてみることに!いざ利用してみると、こちらの意見を無視して売却を進めようとする業者や、営業電話がしつこい業者も多く本当に呆れました。もう二度と利用したくありません。

 

 

30代 女性 戸建て

イエイの査定方法で、机上査定を希望したのですが、突然担当の営業さんが自宅に訪問に来て驚きました。訪問査定は困るとお断りしたのに、何度もしつこく来られたので本当に困りました。こちらの意見を無視する営業さんに売却はお願いしたくないと思い、キャンセルしました。今回は、運が悪かっただけなのかもしれませんが、今後こちらを利用することはないかなと思います。

 

 

40代 男性 土地

イエイで4社に査定をしてもらいました。昔から大手や有名なところを信用することが多かったので、今回も大手に見積価格も高かったのでお願いしました。大手だから大丈夫と安心しきっていたのですが、担当してくれた営業さんの力が足りなかったのか思うような売却ができませんでした。その後、担当を変えてもらってなんとか買手も見つかり売却はできたのですが、正直親身になって頑張ってくれた営業さんはいなかったので少し残念です。これからは大手だからと決めつけずに慎重に選ぼうと思いました。

イエイの口コミまとめ

イエイには、良い評価も含め、悪い評価も少なからずあるということがわかりました。

しかし、悪い口コミの多くは、担当する営業マンの力量不足という内容が多かったように思います。また、訪問や電話などのセールスがしつこいという意見もありました。

またご紹介しきれていない口コミもありますが、全体を通して良い口コミ、悪い口コミをまとめてみると、以下のようになります。

良い口コミ

  • 提携している不動産会社が多い
  • 売却額が高い
  • 対応が良い
  • ローンがある物件でも売却できる

悪い口コミ

  • 営業の当たり外れがある
  • 大手だから安心というわけではない

このように、口コミの内容をまとめてみると、良い口コミの意見のほうが多いことがわかります。

売却額が高いことや、ローンがある物件でも売却ができるという点で、結果的に良いサイトだったと感じる人が多いようです。

しかし、担当になった不動産会社や営業マンに対応に納得出来ず、しつこく営業されたという人もいるようで、大手であってもすべてが良い会社というわけではないということも分かりました。

イエイを利用する場合は、査定が高い不動産会社を選ぶだけではなく、その不動産会社が本当に信頼できる会社なのか、サービスや対応も含めてきちんと見極めることが大事だということですね。

イエイと他のサイトを比較してみた

イエイの口コミを見てきましたが、不動産無料一括査定サイトはイエイだけではありません。

他にも様々な一括査定サイトが登場しているので、続いては他のサイトを比較してみてイエイがどうなのか?を見ていきましょう。

比較するのは以下の2つのサイトです。

  • HOME4U
  • オウチーノ

イエイと同じく利用者数が多いことで人気のサイトですが、それぞれ強みや特徴は異なります。
自分にぴったりな査定サイトはどれなのでしょうか?

イエイの特徴

まずは、イエイについて見ていきましょう。

  • 提携不動産業者数:約1,000社
  • 一括査定依頼数:6社
  • 特徴:最短60秒査定、お断り代行サービス、イエローカード制度、なんでも相談室

イエイは、不動産一括査定サイトの中でも提携不動産業者数が比較的多いのが特徴。
最短60秒で6社の査定を依頼できるから、優良企業を絞りやすいシステムだといえます。

さらに、イエイ最大の強みと言えるのが「お断り代行サービス」「イエローカード制度」です。

お断り代行サービスとは

イエイでは最大6社へ査定を依頼することができますが、実際に契約するのは1社になります。その際、他の5社にはお断りの連絡を入れる必要が出てくるのが当然です。

しかし、イエイではこのお断りをユーザーに代わってキャンセル連絡をしてくれるのです。
お断りするのが気まずいという方や、忙しくて面倒という方にも嬉しいサービスだといえます。

イエローカード制度とは

「イエローカード制度」では、お客様の悪い評判やクレームが頻発する不動産会社にはイエイ側から契約解除をしてくれます。そのうえ、お客様の許可なしで電話連絡を禁止している体制をとっているから、「気軽に査定だけしたい」「相場を知ってから売却するか決めたい」という方でも安心して利用ができるのです。

HOME4Uの特徴

言わずと知れた大手会社「NTTデータ」で運営されているサイト。

不動産の売却だけでなく「貸す」「買う」「借りる」という不動産取引を行っており、地主向けの「HOME4U土地活用」や、アパートのオーナー向けサービス「賃貸経営HOME4U」などのサイトも運営しています。

  • 提携不動産業者数:約900社
  • 一括査定依頼数:6社
  • 特徴:大手NTTデータグループによるため信頼性が高い。不動産売却以外のサービスや、他のサイトにはないユニークなサービスもある。

HOME4Uの魅力と言えば、やはり上場企業グループであるということへの信頼感と言えます。
提携不動産会社数は少なめではありますが、

  • 野村不動産グループ
  • 三菱UFJ不動産販売
  • 三井住友トラスト不動産
  • 住友林業ホームサービス
  • センチュリー21グループ
  • みずほ不動産販売

といった、大手の不動産会社に提携しているので、大手にも価格査定を依頼したいという人にマッチしているサイトです。

さらに、不動産売買で取引の多い居住用物件だけでなく、アパート一棟や、投資物件、ビルや店舗などの売買にも対応してもらえるので、法人向けに適しているのが魅力でもあります。

オウチーノの特徴

不動産一括査定の運用が始まったのは、2008年とまだ新しいサイトです。
そのため、提携している不動産会社の数は少ないですが、優良な不動産会社に絞って提携しているので、「量より質」を重視したサイトと言えます。

  • 提携不動産業者数:約500社
  • 一括査定依頼数:6社
  • 特徴:田んぼや畑、市街化調整区域の建物、土地などの売買にも強い。しつこい営業がなく、スムーズに利用ができる。

オウチーノの魅力は、提携している不動産会社が少ないということから、親身になってフォローして、本当に優良な企業に出会えるという点と言えます。

また、田舎の土地や建物などの売却にも強い不動産会社とも、数多く提携しています。
一般的な人気エリアのマンションや戸建てであれば、幅広い不動産会社に査定を依頼するのがおすすめですが、田んぼや畑、市街化調整区域の物件に関しては、そのエリアを得意とする不動産会社に依頼するのが一番です。

その点オウチーノでは、地域密着型の不動産会社などとも提携していることから、エリアによっては大手企業を選ぶよりも高い査定額を出してくれる場合があります。

フォロー体制も万全で、しつこい営業も比較的少ないという口コミが多いため、不動産売却が初心者の方にもおすすめだといえますね。

比較して分かったこと

イエイと他の査定サイトを比較してみて、以下の特徴をまとめてみました。

イエイ

  • 提携不動産会社数が多い
  • 法人よりは個人向け
  • 悪徳業者を排除する制度が充実
  • 高い売却額が期待できる
  • 大手と地域密着型の全般に強い

HOME4U

  • 売却以外の取引も充実
  • 大手企業と提携している
  • 上場企業のため、信頼度が高い
  • 法人取引にも強い

オウチーノ

  • 提携不動産会社数は少なめ
  • 量より質を重視
  • 市街化調整区域の売却に強い
  • 田舎の建物、土地に強い
  • しつこい営業に合いにくい

このように、イエイは他のサイトに比べて、幅広いジャンルの売買に強く、高額売却が期待できるということがわかりました。その分、査定された不動産会社の中から、本当に信頼できる会社なのかを見極めることが大切だということです。

会社によっては、営業がしつこかったり、営業マンが頼りなかったりすることもあり得るので、そんな時は、「イエローカード制度」を使うなどして、うまく悪徳業者から手を引くことが重要です。

どのサイトにもメリットデメリットがつきものですので、査定額だけにとらわれず、会社全体に目を向けるようにしましょう。

イエイとはこんな不動産査定サイト!

イエイの特徴や強みがわかったところで、続いてはイエイが提供しているサービスなどを詳しく見ていきたいと思います。

イエイの運営会社は?

イエイの運営を行っているのは、東京と大阪に本社を構える「セカイエ株式会社」です。

セカイエ株式会社は、2008年に設立された会社で、インターネットやメディアの企画・開発、Eコマースソフトウェアの企画や開発といった事業を主に行っています。

不動産一括査定サイトのイエイ以外にも、オンラインリフォームサービスの「リノコ」や、土地活用プランの比較サイト「土地活用の窓口」なども運営。

利用者数は2018年時点で累計400万人を突破しており、信頼度の高い優良企業が多く提携していることからも、今注目の査定サイトと言えます。

提携している大手企業は、

  • 三井のリハウス
  • 住友不動産販売
  • センチュリー21
  • ピタットハウス
  • 三菱地所ハウスネット
  • 東急リバブル
  • 近鉄不動産
  • 京王不動産
  • 京急不動産

といった企業が参加しています。

イエイの成約価格は?査定額と大きな差はないの?

不動産一括査定サイトで重要なのは、査定額ではなく「実際の成約価格」です。

いくら査定額が高くても、実際の査定額に大きな差額があれば、優良企業だとは言えません。
そのため、査定額を重視して選ぶよりも、根拠に基づいてしっかり査定をしてくれる会社を選ぶことが大切なのです。

では、イエイの場合、査定額と成約価格にはどれくらいの差が生じるのでしょうか?

実際に利用された人の例を挙げてご紹介していきます。

中古マンション

場所:東京都
建築年:1987年
間取り:4LDK
面積:98.94㎡

上記の物件で、イエイで5社に査定を依頼してみた結果、一番高値で査定されたのが「3,790万円」でした。

その後、一番高額で査定をしてくれた不動産会社で契約したところ、実際の成約価格は「4,330万円」となりました。

査定額3,790万円と比べると、540万円もアップしていることがわかります。

中古の一戸建て

場所:千葉県
建築年:1986年
間取り:4LDK
面積:184.46㎡

同じく5社で査定を依頼してみたところ、一番高値で査定されたのが「5,500万円」。

その後同じ不動産会社と契約したところ、実際に売れた成約価格は「5,920万円」となり、査定額よりも420万円もアップしています。

土地

場所:大阪府
建築年:なし
間取り:更地
面積:173.45㎡

こちらは、最高査定額が「9,420万円」となりました。
その後実際の成約価格は、120万円アップの「9,540万円」となりました。

このように、3つの例でみても、「査定額よりも成約価格のほうが高い」という結果となりました。

その理由は、イエイがそれぞれの物件に最適は不動産会社を紹介してくれるからです。
不動産売却と一口に言っても、そのジャンルは様々。同じように、不動産会社でも強みとする取引には得意不得意があります。

売りたい物件の売却実績が豊富な不動産会社と多く提携していることで、その分売却価格が高くなる傾向にあるということです。

イエイをフル活用することで、少しでも高く売却できる不動産会社を見つけることができるのですね。

イエイの制度にはこんな便利なものも!

イエイの制度①「お断り代行サービス」

イエイの魅力のひとつでもある「お断り代行サービス」では、不動産会社の営業が強くて困るといった場合や、自分では断りづらいという時に、イエイが代行して不動産会社に連絡をいれ、お断りするというものです。査定に納得いかなかった場合の電話なども代行してもらえるので、非常に便利です。

また、担当からのしつこい勧誘があった場合には、「イエローカード制度」サービスを利用することで、クレームが多い不動産会社はイエイの方から契約が解約できる仕組みとなっています。

これにより、しつこい営業をする企業を減らすことができ、優良企業が多くなっています。

イエイの制度②「無料の個別相談デスク」

イエイでは、不動産の売却に関する相談や疑問絵尾、無料で聴いてくれる「個別相談デスク」を設けています。面談とメールの2種類を選ぶことができるから、お好きな手段で悩みを解決できるのが嬉しいですね。

不動産売却は、初心者がほとんどです。知らないと損をし、失敗してしまうリスクが高い取引でもあるので、不動産のプロが様々な悩みを聞いてくれるのは安心だと思います。

万全のサポート体制が整っているから、利用者数も増えてきているということですね。

イエイの制度③「お祝いギフトカード」

「お祝いギフトカード」とは、イエイを経由して売買契約が完了することで、ギフトカードがもらえるという制度です。売却価格によって金額は異なりますが、最大10万円がイエイから支給されるので、引越し費用や各種手数料の足しにもなっておとくです。

不動産一括査定サイトは他にも色々なものがありますが、イエイを選ぶ人の中には、このお祝いギフトカード制度があるからという人も意外と多いのです。

なお、この制度は時期によって不定期で行われているものなので、契約する前にあらかじめお得なキャンペーンが無いか確認してくださいね。

不動産査定を一社に絞らない方がいい理由

イエイのような、不動産一括査定サイトをおすすめするのには理由があります。

それは、「査定額は不動産会社によって異なる」からです。
不動産会社には、得意としている物件や取引、エリアなどがさまざまなので、高く査定をしてもらうには、いくつかの不動産会社に査定を依頼するのがベスト。

例えば、マンションや一戸建ての売却に強い業者であれば、店舗や工場などの売却に強い業者には不向きですし、もともと売買ではなく賃貸業を中心としている不動産会社であれば、売買契約を依頼してもそこまで高い査定額を提示してもらえない場合が多いのです。

そのため、いくつかの不動産会社で査定をして、納得のいく条件が揃うところに決めるのが、一番高くで売却できる可能性が高くなるということです。

また、不動産会社を選ぶ際には、査定面だけでなく、サービスやサポート面なども確認しておくことも大事です。最初だけ高い査定額を出して契約を取ろうとしている悪質業者もおおいのも事実。

大事な不動産売買で失敗をして後悔してしまわないように、しっかりと納得のできる不動産会社を見つけるようにしましょう。最低でも3~4社には査定を依頼してみる方が良いと思います。

イエイであれば、約60秒で申し込みできるうえ、利用料や手数料は一切かかりません。
査定額やサービスなど、まとめて比較することができるので、このような一括査定サイトを上手く活用して、スムーズに不動産売却を成功させましょう。

知っておきたい不動産会社の裏事情

イエイは、数ある不動産会社の中から、自分に合った優良企業を絞ることができる画期的なサイトだとわかりました。

しかし、優良企業とは言え、不動産売却を仲介業者に依頼するには、知っておいた方がいい知識もあります。自分の身を守るためにも、基本的な知識は勉強しておくことをおすすめします。

では、より快適に不動産売却を行うために、他では教えてくれないような仲介業者の裏事情をご紹介したいと思います。

不動産選びの基準として参考にしてくださいね。

両手仲介に注意

「両手仲介」という言葉はご存知でしょうか?
両手仲介とは、1社の不動産会社が買手と売主の両方の仲介契約を結ぶことです。

通常、片手仲介の場合、仲介手数料を取れるのは媒介契約を結んだ片手のみとなりますが、両手仲介の場合だと、「買手と売主の双方から仲介手数料をもらうことができる」のです。

分かりやすく例を挙げてみます。

まず、ここでは4,000万円の中古マンションの売却を例に考えてみましょう。

4,000万円にかかる仲介手数料⇒約126万円

普通であれば、媒介契約を結んだ一方からの仲介手数料が約126万円までもらえるということになりますが、不動産屋が買手も自力で見つけてきた場合、買手と売主の両方から手数料の約126万円を受け取ることができるということになります。

これがなぜ危険なのかというと、

「両手仲介を成立させると手数料が倍もらえる」⇒「不動産会社が不正行為を行う可能性がある」

からなのです。

両手仲介を成立させるためには、「物件の囲い込み」といって、他の業者にお客様を摂られないように、意図的に情報を隠し、十分な宣伝活動をしない場合もあり得ます。

さらに悪徳な場合だと、買手が売主の希望額よりも低い価格での売買を希望してきた場合、

「今〇〇円で購入してくれるお客様が見つかりました。このお客様を逃すと売れる確率が下がりますよ。」

などといって、売主に不利な契約を勧めてくる場合もあります。

そのため、両手仲介をしている業者は非常に危険だといえます。

騙されないためには、

  • どんな広告活動をしているのか詳しく聞く
  • 問い合わせ状況を聞く
  • 希望額よりも低い価格で売買を迫ってくる業者には要注意
  • 早めの決断を迫ってきても、焦らない

このように、不信に思ったことが問い詰めてみるようにしましょう。
もし何か不満や疑問がある場合は、遠慮せずに業者側に問い合わせることが大事です。

仲介会社は利益の高い物件(条件)を優先的に紹介する

不動産仲介業者は、物件の仲介手数料が収入となります。

そのため、自社にとって利益がある方を最優先にする担当者がいるのが事実です。
たとえお客様に良い物件(条件)であっても、自社への収入が少ない物件であれば、お客様に案内しないということもあり得ることなのです。

そうならないためにも、自分で買主を見つけられない「専属専任媒介」はせず、「専任媒介」か「一般媒介」がおすすめと言えます。

専属専任媒介の場合、媒介契約中は契約した仲介業者にしか買手を見つけてもらえないので、優良企業でなければリスクが高い契約でもあります。

専属専任媒介で依頼するのであれば、本当に信頼できる不動産会社かどうかを見極めてから契約するようにしましょう。

マイナスポイントも教えてくれる会社が良い

これは不動産売却だけでなく、購入や賃貸の場合でも当てはまることですが、不動産会社の営業マンは、物件の良い所や条件のいい面については詳しく教えてくれます。

しかし、利益のためにメリットだけを使えて、デメリットを伝えてくれない営業マンも少なくありません。

一方、お客様目線の本当にいい営業マンであれば、物件の欠点や契約の注意ポイントまでこっそり教えてくれることでしょう。

良い仲介業者と契約をするためには、契約時の注意点やデメリット、物件の悪いところまでしっかり説明してくれるところにお願いするのがベストです。そのためには、いろんな不動産会社を利用して比較してみることをおすすめします。

不動産売却は、一生に一度あるかどうかの重要な取引です。
高額な取引にもなるので、業者選びは慎重に行うようにしましょう。少しでも不安になるポイントがあるのであれば、解決してから依頼するか、仲介業者を変更することも大事です。

イエイでは、少なくとも優良企業が見つけやすいサイトと言えます。
その中から、自分の条件に合った、良い不動産会社を見つけてくださいね。